バツイチ 婚活

バツイチ婚活と言うと、かなり敷居が高いように思いましたが、離婚経験者で配慮してくれる人なども多いのが現状です。参加してみると、いろいろな理由や事情があるのだとわかりました。

 

バツイチ婚活とはどんなもの?

 

婚活パーティー

 

バツイチ婚活というのは、単純に「過去に離婚経験がある人が行う婚活」ということです。過去に離婚した経歴があれば、あくまでもバツがひとつでもふたつでも十分参加できる可能性があるということで、かなりの割合でいらっしゃるようです。

 

これは基本的に過去に結婚に失敗した人達が集まるということで、一見するとかなり思い者のように思うかもしれませんが、そんなことばかりでもありません。最近では、むしろ相手の痛みがわかる優しい人ということで需要があります。また、子供がどうしてもほしいという人にとって、過去に妊娠・出産の経験のある女性は信頼性があるということで人気が出る場合もあります。

 

このため、バツイチだからというだけで結婚できないということはありません。もちろん身辺でややこしいことも多いので、その分細かい配慮は必要になりますが、やはりそういった精神的な辛い面があるぶん、かなりの確率で優しい人とも出会えるでしょう。

 

ただし、気にしておくのが離婚の理由です。実は中には配偶者の浮気やそもそも死別したことによる別離などが原因で参加している人もいますが、参加している人が倫理的にNGなことをしたために、あるいは家庭などに問題があったためにバツイチになってしまったという人もいます。この場合は特に浮気や暴力、借金などがあり、そのような地雷の人も確実に参加しています。このため、どういう理由で離婚したのか、ということはやはりある程度早い段階で伝える・相手の理由を把握しておく必要があるでしょう。

 

ちなみに、バツイチというだけのことはあって年齢はある程度ある人が多くなっています。比較的場所も落ち着いた雰囲気であることが多く、婚活の中でもしっとりしているというか、若さを武器にして参加しようという人が少ないのも嬉しいところでしょう。

 

バツイチ婚活に参加してみた

 

このようなバツイチ婚活ですが、それぞれの年齢や雰囲気によっても違います。代表的なものとしてはやっぱりしっとりした雰囲気のホテルで、お互い改まったファッションでお話をしながら、ということがほとんどです。とはいえ飲み物や食事はあまり期待できないので、先にどこかでお腹を満たしてくる必要があるかもしれません。

 

参加している人たちは全体的にそれなりに落ち着いた年齢の方ばかりで、非常に過ごしやすい雰囲気でした。他の婚活パーティーなどに参加すると若さを武器にしている妙に明るい子が参加していることもあり、そのようなときには不利かもと気が弱くなることもあります。

 

また、未婚の人でも相手はバツがついていても理解がある、バツがついていてもいいという人が参加しているところもありました。もしお互いバツがあるひとがいいという風に考えるのなら、そのような人は避けるか、離婚歴ありの人だけが参加できるパーティーのほうがいいでしょう。

 

ちなみに私が参加した時は特に離婚歴アリだけで制限して参加したのですが、さらにそこから「タバコを吸わない人」や「のりがいい・楽しい人」などというように特徴が分かれています。なのでいろんな条件から更にこまかいことを出せるのではないでしょうか。

 

子持ちという人や、それでもいいという人がいたのも特徴的でした。もちろん会場に子供を連れてくることはありませんが、中には託児所を作っている婚活パーティーのサービスもあるようです。

 

参加してみて、皆さんとても落ち着いていて素敵な人だというふうに感じました。お話をさせていただいて、逆に男性は婚活をしていても素敵な方が多いなというふうに思いました。女性も同様で、隣の席の方と少しお話をさせていただいたのですが、やっぱりしっとりと落ち着いている素敵な方でした。